アストンマーティンの高性能ブランド第一弾「ヴァンテージAMR」が生産開始! (1/3ページ)

アストンマーティンの高性能ブランド第一弾「ヴァンテージAMR」が生産開始!

WECマシンからインスピレーションを得て完成した

アストンマーティンが3月のジュネーブショーで発表した、新たな高性能ブランド「AMR」。その最初のロードゴーイングモデル「ヴァンテージAMR」が生産開始された。ヴァンテージAMR

2016年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦し、タイトルを獲得した「V8ヴァンテージGTE」からインスピレーションを得て開発された「ヴァンテージAMR」。ボディタイプはクーペとロードスター、エンジンは430bhpを発する4.7リッターV8と、565bhp(アジア太平洋・中国・中東向け)または595bhp(イギリス・欧州向け)を発する6リッターV12を設定する。ヴァンテージAMR

トランスミッションはV8が6速の、V12には7速の、MTまたはAMTを組み合わせることが可能。なお、中東向けはV12のみの販売となる。 ボディカラーは、オレンジのグラフィックを配したストレータス・ホワイト、ブルーのグラフィックを配したウルトラマリン・ブラック、レッドのグラフィックを配したザフレ・ブルー、そしてグレイのグラフィックを配したシンティラ・シルバーの4種類。ヴァンテージAMR

AMR「ヘイローパック」ではさらに、2016FIA世界耐久選手権に参戦してタイトルを獲得した95号車のV8ヴァンテージGTEから直接ヒントを得た、明るいライムグリーンのアクセントが入ったスターリング・グリーンのボディカラーが選択できる。ヴァンテージAMR

また、昨年のGTEレーシングマシンに装着されていた、特別なユニオンジャック・エナメル加工のAMLウイング・エンブレムを無償で装着することも可能となる。 各ボディカラーにはそれぞれ異なる内装色が組み合わされ、素材もクーペはレザー×アルカンターラ、ロードスターはオールレザーとなる。ヴァンテージAMR

「ヘイローパック」を選択した場合は、外観と合わせて内装にも鮮やかなライムグリーンのコントラストカラーによる縁飾りが施される。 またオプションとして、CFRP製のシート、フロントグリル、サイドストレーキ、ヘッドランプインフィル、ドアミラーキャップ、インストルメントサラウンド、ドアトップ、室内ドアハンドルなどを設定。ヴァンテージAMR

画像ギャラリー