ランボルギーニがヒストリックカーショーにミウラとカウンタックのレストア車を展示

ランボルギーニモデルのコンクール・デレガンスを行うことも発表

 2017年4月5日から9日にかけてドイツで開催されたヒストリックカーイベント「テクノクラシカ」にランボルギーニのレストア部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」が出展した。展示したのはレストアを終えたばかりのミウラSVと、現在レストア中のカウンタックLP400のシャーシである。

 そしてこのイベントをきっかけにランボルギーニは、著名な建築家やデザイナーの作品や生誕地に敬意を示した年に一度のイベント「ランボルギーニ・アンド・デザイン」を開催すると発表した。これは往年のランボルギーニを集結させコンクールに相応しいコンディションのクルマに賞を与えるイベントで、2017年9月15日から17日にスイス・ヌーシャテル州で行う。

 さて、テクノクラシカに展示したミウラSVは、ボディ、エンジン、内装にかかったレストアの作業時間は2000時間以上(!)におよび、あらゆる部分にランボルギーニ・オリジナルパーツが使われている。シャーシとボディは塗装をすべて剥がしてから腐食防止処理を行った。

 ボディはポロストリコの資料を参考に塗料を調合し、ゴールド・メタリックを再現している。内装もポロストリコで選び抜いたレザーにオリジナル処理を施したブラックで一新。ちなみにミウラSVは現在2億5000万円から3億5000万円で取引されている。

 シャーシのみが出展されたカウンタックLP400は、11カ月以上かけてフルレストアを進めている。生産台数150台しかないLP400は、1976年に生産された当時のまま細部を復元。エンジンや、機械部品、電気系統の検査と修理が行われている段階だ。内装はタバコカラーのレザーを使用して復元予定。

 ポロストリコの手によるカウンタックLP400が仕上がるのが非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

https://profvest.com

https://profvest.com

https://profvest.com