ランボルギーニがヒストリックカーショーにミウラとカウンタックのレストア車を展示

ランボルギーニモデルのコンクール・デレガンスを行うことも発表

 2017年4月5日から9日にかけてドイツで開催されたヒストリックカーイベント「テクノクラシカ」にランボルギーニのレストア部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」が出展した。展示したのはレストアを終えたばかりのミウラSVと、現在レストア中のカウンタックLP400のシャーシである。

 そしてこのイベントをきっかけにランボルギーニは、著名な建築家やデザイナーの作品や生誕地に敬意を示した年に一度のイベント「ランボルギーニ・アンド・デザイン」を開催すると発表した。これは往年のランボルギーニを集結させコンクールに相応しいコンディションのクルマに賞を与えるイベントで、2017年9月15日から17日にスイス・ヌーシャテル州で行う。

 さて、テクノクラシカに展示したミウラSVは、ボディ、エンジン、内装にかかったレストアの作業時間は2000時間以上(!)におよび、あらゆる部分にランボルギーニ・オリジナルパーツが使われている。シャーシとボディは塗装をすべて剥がしてから腐食防止処理を行った。

 ボディはポロストリコの資料を参考に塗料を調合し、ゴールド・メタリックを再現している。内装もポロストリコで選び抜いたレザーにオリジナル処理を施したブラックで一新。ちなみにミウラSVは現在2億5000万円から3億5000万円で取引されている。

 シャーシのみが出展されたカウンタックLP400は、11カ月以上かけてフルレストアを進めている。生産台数150台しかないLP400は、1976年に生産された当時のまま細部を復元。エンジンや、機械部品、電気系統の検査と修理が行われている段階だ。内装はタバコカラーのレザーを使用して復元予定。

 ポロストリコの手によるカウンタックLP400が仕上がるのが非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  5. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...

https://profvest.com

https://profvest.com

https://profvest.com