ランボルギーニがヒストリックカーショーにミウラとカウンタックのレストア車を展示

ランボルギーニモデルのコンクール・デレガンスを行うことも発表

 2017年4月5日から9日にかけてドイツで開催されたヒストリックカーイベント「テクノクラシカ」にランボルギーニのレストア部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」が出展した。展示したのはレストアを終えたばかりのミウラSVと、現在レストア中のカウンタックLP400のシャーシである。

 そしてこのイベントをきっかけにランボルギーニは、著名な建築家やデザイナーの作品や生誕地に敬意を示した年に一度のイベント「ランボルギーニ・アンド・デザイン」を開催すると発表した。これは往年のランボルギーニを集結させコンクールに相応しいコンディションのクルマに賞を与えるイベントで、2017年9月15日から17日にスイス・ヌーシャテル州で行う。

 さて、テクノクラシカに展示したミウラSVは、ボディ、エンジン、内装にかかったレストアの作業時間は2000時間以上(!)におよび、あらゆる部分にランボルギーニ・オリジナルパーツが使われている。シャーシとボディは塗装をすべて剥がしてから腐食防止処理を行った。

 ボディはポロストリコの資料を参考に塗料を調合し、ゴールド・メタリックを再現している。内装もポロストリコで選び抜いたレザーにオリジナル処理を施したブラックで一新。ちなみにミウラSVは現在2億5000万円から3億5000万円で取引されている。

 シャーシのみが出展されたカウンタックLP400は、11カ月以上かけてフルレストアを進めている。生産台数150台しかないLP400は、1976年に生産された当時のまま細部を復元。エンジンや、機械部品、電気系統の検査と修理が行われている段階だ。内装はタバコカラーのレザーを使用して復元予定。

 ポロストリコの手によるカウンタックLP400が仕上がるのが非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  2. サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    道交法を守っていればいいというわけではない! 年末年始の帰省の時期は、...

  3. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  4. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  5. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  6. イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    総額100万円でイケてる輸入車 ちょっと悪そうな雰囲気がカッコいいとさ...

  7. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  8. 目立つあおり運転への仕返し行為! 一瞬のスッキリ感のために負うリスクは多大

    腹が立っても報復せずに避けるのが正解 4月になって、日も伸びて、ポカポ...

  9. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  10. 噂の真相! 今どきのエンジンオイルは「1万km以上交換しなくていい」は本当か?

    エンジンの進化がオイルの耐久性に貢献している エンジンオイルの交換サイ...

https://profvest.com

https://profvest.com

https://profvest.com