【今さら聞けない】縁石にぶつけず路肩に上手にクルマを寄せるコツとは

まずは正しいシートポジションを決める

 狭い道でのすれ違いや、路肩に寄せて停車するとき、自分ではギリギリまで寄せたつもりなのに、クルマを降りてみると、まだまだたっぷりスペースが残っていたり、反対にいつもタイヤを路肩にヒットさせてしまうという人が、意外に多いらしい。そうした苦手意識を克服するにはどうすればいいかお伝えしたい。

 結論から言うと、(愛車の場合)まず自分なりの基準を定めることがポイントだろう。右ハンドルのクルマとして話を進めると、まず正しいポジションに着座すること。

 シートに奥深く腰かけ、シートバックを立て気味にし、肩がしっかりシートにあたった状態で、なおかつ首ができるだけ路面に対して垂直をキープできるポジションを取ること(当然、手足が自由に動くように、肘や膝は軽く曲がった状態)。

 そのポジションから見て、ちょうどボンネットの中央に架空のラインを一本引いて、そのラインと、路肩の白線などが重なるところまで寄ってみよう。車種やドライバーの体型によって、多少の誤差はあるだろうが、大抵、これで「いい線」まで行けるはず。

 ボンネットの中央のラインは、ルノーメガーヌRS(ABA-DZF4R)のように、最初からプレスラインが入っていたり、ちょっと前のメルセデスのように、ボンネット先端に立体的なエンブレムがついていると意識しやすい。

  

ボンネット中央にテープを貼って練習するのがおすすめ

 わかりづらいという人は特訓用に粘着力の弱い養生テープかマスキングテープなどをボディ中央に一直線に貼ってみて、広い駐車場の端っこなど、他人の迷惑にならないところで、どこまで左に寄せたらちょうどいいのかを、何度も何度も確認してみよう。

 このとき面倒だがクルマを左に寄せるたびに、いったん車外に降りて自分の車両感覚と実際の路肩までの距離を確認すること。

 ちょっと練習するだけで、少なくとも自分のクルマに関しては、自信を持って左にピタッと寄せられるようになるはず。

 基本はどんな車種でも同じなので、あとは応用で何とかなるだろう。いまさらそんな……などと思わずに、初心に戻って、集中的に練習して、苦手意識とオサラバしよう。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

www.swiss-apo.net

swiss-apo.net

swiss-apo.net