「エンコにノークラ」いつしか使われなくなった自動車用語8選

消えたものから呼び方が変わったものまで多数あり!

 言葉というのは生き物だという説があり、自動車用語にも栄枯盛衰があるようだ。今回は、現在では呼び名が変わった用語をピックアップしたい。

①ロー、セコ(セカンド)、サード、フォースorトップ、ハイトップ

 MT(マニュアルトランスミッション)車の各ギヤのことをかつてはこのように呼んでいたが、現在は、1速(いっそく)、2速(にそく)……と呼ぶのが一般的。別にロー、セコでも間違いではないが、ギヤが1~4速までしかないクルマが主流だったときの呼び方だった。

 AT車でも「OD(オーバードライブ)付」というのがあったが、CVTや7速・8速ATも珍しくない今となっては前時代的?

  

②ベーエム(ム)ベー、アーマーゲー

 ベーエムベーは、BMWのドイツ語読みに近い読み方で、BMW(ビーエムダブリュー)JAPANが設立(1981年)される以前からのクルマ好きには、親しみがある呼称だった。アーマーゲーは、同様にAMG(エーエムジー)の古い呼び方。ちなみにドイツ語読みをカタカナ表記すると「アーエムゲー」。AMGといえば、メルセデス・ベンツも、略称として「ベンツ」を用いる人が多いが、F1などでは、「ベンツ」ではなく「メルセデス」(チーム)と呼ばれている。

③逆ハン

 逆ハンドル、つまりカウンターステアのこと。五木寛之先生の著書に「疾(はし)れ!逆ハンぐれん隊」(1986年)というタイトルの本がありました……。

④エンコ・エンスト

 エンコとは「エンジン故障」の略。80年代前半までのクルマは、オーバーヒート、プラグのかぶり、燃料切れ、etc……と何らかのトラブルでクルマが止まってしまうことは珍しくなかった。いわゆるエンジントラブル全般のこと。

 エンストは、エンジンが止まってしまうこと。「エンジンストール」の略だが、「エンジンストップ」の略だと思っている人も少なくない。かつてはMT車の発進時にクラッチミートを失敗して「エンスト」をする人も多く、教習所時代に苦しんだ人も多いのでは? しかし、AT車の普及率が95%近くなった現在、死語になりつつある。

装備自体が消えた&当たり前になったために使われなくなった言葉も

⑤カーキチ、エンスー

 カーキチ=自動車き●がい、エンスー=エンスージアスト(英語で熱心家・熱狂者という意味)の略。どちらも「クルマ好きのなかでも稀に見るクルマ好き」という意味なのだが、死語に近い……。

 そもそも、クルマ好きな人が減ってしまったためか、昨今では、単に「クルマ好き」「(クルマ)マニア」あるいは「走り屋」といった感じのほうがしっくりくる。

⑥ノンスリ・ノークラ

 ノンスリというのは、ノンスリップデフ=LSD(リミテッドスリップデフ)のこと。ノークラ=クラッチペダルがない=2ペダルのAT車のこと。70年代後半「ノン」という言葉自体が流行っていたようだ。

⑦クーラー(カーエアコン)、安全枕、自動車電話

 クーラーやカーエアコンは、いわゆるエアコンのことだが、1980年代まではカーエアコンは高価な後付けオプションで、独立制御のものが多かった。

 安全枕は、事故の際、乗員の首をむち打ち症などから守るヘッドレストのこと。日本では1969年に運転席への装着が義務付けになったが、それ以前のクルマには装着されていないクルマが多かった。

 自動車電話は、携帯電話が普及し始めたときの呼び方。当時は電話機もバッテリーも非常に大きく、手に持って歩くというより、肩からベルトで下げるほど、大きく重たかったため、通常はクルマにセットして使うことが多かったので、自動車電話と言われた。小中学生まで、携帯やスマホを持っている現代からすると隔世の感がある……。

⑧カセット、DCC、DAT、MD

 その昔、クルマのオーディオはAM・FMラジオすらオプションだった。それからカセットテープが普及し長らく愛用されていたが、デジタル時代になってDCC(デジタルコンパクトカセット)やDAT(デジタルオーディオテープ)、MD(ミニディスク)も登場。CD(コンパクトディスク)は割と最近まで主役級だったが、DCCやDAT、MDなどはそれほど普及せずに消えて行ってしまった。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

www.swiss-apo.net/fr

www.swiss-apo.net

natürliches potenzmittel