【試乗】日産ノートe-POWERニスモが見せたノーマルとは違う加速力!

専用チューニングでニスモらしい走りを実現

 新電動パワートレインとして注目を集め、2016年11月の新車販売台数で1位を獲得したノートe-POWER。待望のニスモシリーズも仕様変更を施し、e-POWERニスモも追加設定した。245万8080円となっている。

 専用デザインのスポーティなフロントグリル/リヤバンパー/ルーフスポイラー/サイドシルプロテクター/シャークフィンアンテナを採用。さらに、本革&アルカンターラ巻ステアリングやブラックルーフライナーなどはノートニスモの共通装備だ。

 専用エアロはスーパーGTで培ったノウハウを生かし、ゼロリフトを実現。タイヤの接地力をアップさせ、スポーティな走りに貢献している。

 また、サスペンションセッティングはe-POWERニスモ専用セッティングを施している。ニスモS、ニスモ、e-POWERニスモと各車の特性に合わせてそれぞれ味付けを変えており、どのモデルでも気持ちよい走りを楽しむことが可能だ。

 また、パワートレインをコントロールするコンピューターも専用チューニングを施している。Sモードは特にスポーティな味付けとなり、低中速での加速の力強さと加速の伸び、そして減速時の回生力も高速〜中速域までで強い減速Gを体感できる。電気モーターによる走りの楽しさを、より強調したセッティングといえるだろう。

 ノーマルのe-POWERとSモードで比較してみたが、誰もが体感できるほど出足の加速感が違う。専用セッティングの足まわりも、硬いというよりは引き締まったという印象。高速道路などの車線変更では、高い空力性能と相まってストレスなく走れるだろう。

 タイヤはe-POWERニスモ専用のヨコハマDNA Sドライブ(195/555R16)を採用。燃費と運動性能を両立するためのチョイスとなっている。

 5速MT+専用チューニングの1.6ℓエンジン搭載のニスモS専用だったレカロシートもオプションで選択可能。基本装備はニスモSに準じているe-POWERニスモは、1ペダルドライブでスポーティな走りを堪能できる注目の1台といえるだろう。

 今回は簡易的な試乗だったが、改めてじっくりテストしてみたい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

profvest.com

продвижение

http://baden-medservice.com