【試乗】日産ノートe-POWERニスモが見せたノーマルとは違う加速力!

専用チューニングでニスモらしい走りを実現

 新電動パワートレインとして注目を集め、2016年11月の新車販売台数で1位を獲得したノートe-POWER。待望のニスモシリーズも仕様変更を施し、e-POWERニスモも追加設定した。245万8080円となっている。

 専用デザインのスポーティなフロントグリル/リヤバンパー/ルーフスポイラー/サイドシルプロテクター/シャークフィンアンテナを採用。さらに、本革&アルカンターラ巻ステアリングやブラックルーフライナーなどはノートニスモの共通装備だ。

 専用エアロはスーパーGTで培ったノウハウを生かし、ゼロリフトを実現。タイヤの接地力をアップさせ、スポーティな走りに貢献している。

 また、サスペンションセッティングはe-POWERニスモ専用セッティングを施している。ニスモS、ニスモ、e-POWERニスモと各車の特性に合わせてそれぞれ味付けを変えており、どのモデルでも気持ちよい走りを楽しむことが可能だ。

 また、パワートレインをコントロールするコンピューターも専用チューニングを施している。Sモードは特にスポーティな味付けとなり、低中速での加速の力強さと加速の伸び、そして減速時の回生力も高速〜中速域までで強い減速Gを体感できる。電気モーターによる走りの楽しさを、より強調したセッティングといえるだろう。

 ノーマルのe-POWERとSモードで比較してみたが、誰もが体感できるほど出足の加速感が違う。専用セッティングの足まわりも、硬いというよりは引き締まったという印象。高速道路などの車線変更では、高い空力性能と相まってストレスなく走れるだろう。

 タイヤはe-POWERニスモ専用のヨコハマDNA Sドライブ(195/555R16)を採用。燃費と運動性能を両立するためのチョイスとなっている。

 5速MT+専用チューニングの1.6ℓエンジン搭載のニスモS専用だったレカロシートもオプションで選択可能。基本装備はニスモSに準じているe-POWERニスモは、1ペダルドライブでスポーティな走りを堪能できる注目の1台といえるだろう。

 今回は簡易的な試乗だったが、改めてじっくりテストしてみたい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  6. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  7. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  8. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  9. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  10. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

profvest.com

продвижение

http://baden-medservice.com