【試乗】日産ノートe-POWERニスモが見せたノーマルとは違う加速力!

専用チューニングでニスモらしい走りを実現

 新電動パワートレインとして注目を集め、2016年11月の新車販売台数で1位を獲得したノートe-POWER。待望のニスモシリーズも仕様変更を施し、e-POWERニスモも追加設定した。245万8080円となっている。

 専用デザインのスポーティなフロントグリル/リヤバンパー/ルーフスポイラー/サイドシルプロテクター/シャークフィンアンテナを採用。さらに、本革&アルカンターラ巻ステアリングやブラックルーフライナーなどはノートニスモの共通装備だ。

 専用エアロはスーパーGTで培ったノウハウを生かし、ゼロリフトを実現。タイヤの接地力をアップさせ、スポーティな走りに貢献している。

 また、サスペンションセッティングはe-POWERニスモ専用セッティングを施している。ニスモS、ニスモ、e-POWERニスモと各車の特性に合わせてそれぞれ味付けを変えており、どのモデルでも気持ちよい走りを楽しむことが可能だ。

 また、パワートレインをコントロールするコンピューターも専用チューニングを施している。Sモードは特にスポーティな味付けとなり、低中速での加速の力強さと加速の伸び、そして減速時の回生力も高速〜中速域までで強い減速Gを体感できる。電気モーターによる走りの楽しさを、より強調したセッティングといえるだろう。

 ノーマルのe-POWERとSモードで比較してみたが、誰もが体感できるほど出足の加速感が違う。専用セッティングの足まわりも、硬いというよりは引き締まったという印象。高速道路などの車線変更では、高い空力性能と相まってストレスなく走れるだろう。

 タイヤはe-POWERニスモ専用のヨコハマDNA Sドライブ(195/555R16)を採用。燃費と運動性能を両立するためのチョイスとなっている。

 5速MT+専用チューニングの1.6ℓエンジン搭載のニスモS専用だったレカロシートもオプションで選択可能。基本装備はニスモSに準じているe-POWERニスモは、1ペダルドライブでスポーティな走りを堪能できる注目の1台といえるだろう。

 今回は簡易的な試乗だったが、改めてじっくりテストしてみたい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  3. 【衝撃】高級車の超高額オプションはクルマが買えるほどの価格!

    なんとオプション総額4桁万円の世界! 4ケタ万円級の超高級車の商談では...

  4. 高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

    シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム! クルマは見た目が8割...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. メーカー指定だとギリギリすぎ? クルマの消耗品7つと本当の交換時期

    どんなにクルマが進化しても消耗品は存在する どんなにクルマが進化しよう...

  7. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  8. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  9. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  10. なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    今や少数派だが存在感と実力はバッチリ! 今はSUVがブームだが、その発...

profvest.com

продвижение

http://baden-medservice.ru