【試乗】日産ノートe-POWERニスモが見せたノーマルとは違う加速力!

専用チューニングでニスモらしい走りを実現

 新電動パワートレインとして注目を集め、2016年11月の新車販売台数で1位を獲得したノートe-POWER。待望のニスモシリーズも仕様変更を施し、e-POWERニスモも追加設定した。245万8080円となっている。

 専用デザインのスポーティなフロントグリル/リヤバンパー/ルーフスポイラー/サイドシルプロテクター/シャークフィンアンテナを採用。さらに、本革&アルカンターラ巻ステアリングやブラックルーフライナーなどはノートニスモの共通装備だ。

 専用エアロはスーパーGTで培ったノウハウを生かし、ゼロリフトを実現。タイヤの接地力をアップさせ、スポーティな走りに貢献している。

 また、サスペンションセッティングはe-POWERニスモ専用セッティングを施している。ニスモS、ニスモ、e-POWERニスモと各車の特性に合わせてそれぞれ味付けを変えており、どのモデルでも気持ちよい走りを楽しむことが可能だ。

 また、パワートレインをコントロールするコンピューターも専用チューニングを施している。Sモードは特にスポーティな味付けとなり、低中速での加速の力強さと加速の伸び、そして減速時の回生力も高速〜中速域までで強い減速Gを体感できる。電気モーターによる走りの楽しさを、より強調したセッティングといえるだろう。

 ノーマルのe-POWERとSモードで比較してみたが、誰もが体感できるほど出足の加速感が違う。専用セッティングの足まわりも、硬いというよりは引き締まったという印象。高速道路などの車線変更では、高い空力性能と相まってストレスなく走れるだろう。

 タイヤはe-POWERニスモ専用のヨコハマDNA Sドライブ(195/555R16)を採用。燃費と運動性能を両立するためのチョイスとなっている。

 5速MT+専用チューニングの1.6ℓエンジン搭載のニスモS専用だったレカロシートもオプションで選択可能。基本装備はニスモSに準じているe-POWERニスモは、1ペダルドライブでスポーティな走りを堪能できる注目の1台といえるだろう。

 今回は簡易的な試乗だったが、改めてじっくりテストしてみたい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  5. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...

profvest.com

продвижение

http://baden-medservice.com