【非常時に活躍】自然災害に強いクルマ3選

【非常時に活躍】自然災害に強いクルマ3選

悪路でも移動しやすい4WDであることが大前提

 地震・洪水・豪雪による停電など、避けられない自然災害の数々。実際に被災したとき、日頃からの災害対策が重要になる。今回は災害に強いクルマを編集部でセレクトした。もちろんクルマの選択は家族構成や趣味趣向なども大きく影響するが、参考に見てほしい。

●三菱アウトランダーPHEV

 発電をメインに使う2Lガソリンエンジンと大容量12kWhの駆動バッテリーを積み、基本はモーターで走るアウトランダーPHEV。まず前後に2つのモーターを装備する4WD駆動なので当然雪道や砂地、泥濘地などに強い。

webcartop_災害対策08
さらに車内に100V電源(グレードによってオプション)を装備でき、なんと1500Wまで使える。つまりドライヤーや電子レンジなども使用可能だ。

webcartop_災害対策14
エアコンが電動な点も見逃せない。車中泊の際、エンジンを掛けなくてもバッテリーに充電してあれば、クリーンにエアコンを使えるので夏場の車中泊でも快適に過ごすことができる。
もうひとつ、重要なのがV2H(ヴィークル・トゥ・ホーム)機能だ。自宅にV2H機器が備えてあれば、アウトランダーPHEVを接続することで、住宅で使う電力をクルマから供給することができる。つまり、停電時でも普通に自宅の照明やエアコン、冷蔵庫などが使えるということ。

webcartop_災害対策05

 バッテリー満タンで一般家庭の約1日分の電力がまかなえ、さらにエンジンを掛けてバッテリーを充電するれば、ガソリン満タン状態なら約10日分の電力が得られる。ガソリンがレギュラー使用な点も嬉しい。

アウトランダー_webcartop

●スズキ・ジムニー

 日本では軽自動車がメインとなるジムニー。軽自動車? などと思うかもしれないが、数ある4WDモデルのなかで、4駆の専門家も認めるほど、オフロード走行性能という意味では最強の存在だ。
本格派4WDが採用する頑強なラダーフレームに、前後3リンクリジッドサスペンションという組み合わせ。オートマ限定免許の人も安心の、4速オートマチックと5速マニュアルトランスミッションが選べる。

webcartop_災害対策03
最低地上高は200mmと高く、フロントのアプローチアングル49°、リヤのデパーチャーアングル50°と、障害物を乗り越えるようなシーンでもバッチリ。

webcartop_災害対策06
普通に街なかを走っていればただの「遅い軽自動車」かもしれないが、悪路にいけば「タイヤの回転ごとに確実に前に進む」感覚が得られる。軽自動車ならではの車両の軽さが悪路走破性に繋がっている。

webcartop_災害対策02
また、災害時はがれきなどで道幅が狭まっていたり、迂回のために狭い道を通らなければならないことも多い。ジムニーの軽規格の小さいボディ、そして最小回転半径4.8mという取り回しの良さは、イザというとき便利に感じるはずだ。価格が129.6〜(万円・税込)という点も選択しやすいポイントになる。

 インド陸軍の軍用車にジムニーが採用されていると聞けば、納得できるだろう。
※海外向けはエンジン排気量が異なる。

ジムニー_webcartop

●BMW X3

 前の2台を見てもらえばわかるとおり、災害時に強いクルマの条件に4WDというものがある。悪路に強い、最低地上高が高い4WD車は沢山ある。そのなかでなぜBMW X3なのか? それはランフラットタイヤを標準装備しているためだ。

webcartop_災害対策31
実際編集部では、東日本大震災のあと1カ月程度経ってから、被災地をクルマで走行したことがある。普通に走ることが可能な道路だけを通ったのだが、異物がタイヤに刺さりパンクしてしまったのだ。

webcartop_災害対策04※取材時に実際パンクした車両

 タイヤは小さな釘やネジ1本でも運が悪ければパンクしてしまうもの。たとえパンク修理キットや交換用のタイヤを積んでいても、通常時と違い、安全に修理したり交換することができないことも多い。異物が刺さっても移動可能なランフラットタイヤは災害時に有効なアイテムだ。

webcartop_災害対策10※サイドウォールに穴を空けても走れるランフラットイメージ

 4WDでランフラットならBMWのどのXシリーズでもいいのだが、X1はFF車もあり、X4よりX3のほうが積載性 などの使い勝手等に優れてX5よりもサイズが手頃という意味で選択した。ディーゼルがラインアップされている点もセレクトしやすいだろう。

webcartop_災害対策30X3_webcartop

  

●番外編 トヨタ・ランドクルーザー70

 オフロードマシンのド定番といえばランクル70。まさに道なき道を走れるクルマなのだが、現在新車で購入できないために番外編とした。1984年に日本で発売を開始したコチラは2004年に販売を終了。しかし海外では販売が続いていて、2014年には生誕30周年を記念して期間限定で日本でも再販された。

webcartop_災害対策23
世界中で愛され続けるランクル70は、考えられないほどの耐久性をもつ。
たとえば漁業の地引き網で使う地方では、足まわりを海水に浸した状態で何十年と使われる。
また、砂漠地帯で自家用車として使用される場合、何日もに渡り砂漠を横断することがあるという。ここでは「動かなくなる故障=死」とのことでとにかく耐久性が重要とのことだ。

webcartop_災害対策20
ランクル70は悪路走破性、そして何より過酷な状況で使用しても壊れにくいということが特徴だ。またある意味、今のクルマと違って「単純な作り」なので、壊れてもある程度の知識があれば直せる。これも災害時には重要なポイントだろう。

webcartop_災害対策22ランクル_webcartop

画像ギャラリー