お花畑とミツバチがキュートな大阪オートメッセの日野ブース

お花畑とミツバチがキュートな大阪オートメッセの日野ブース

ポップで可愛い「ヒノノ二トン(デュトロ)」は家族連れにも人気!

 日野自動車といえば「はたらくクルマ」のイメージが強い人も多いと思うが、大阪オートメッセの日野ブースは“お花畑”をテーマとした可愛らしくポップな空間が印象的だ。さらに、ミツバチの衣装を身に纏ったキュートなキャンギャルたちがブースを盛り上げるなど、家族連れで楽しめるスポットとなっている。

Quanaodep

「トントントントン、ヒノノ二トン」のCMで、普段からダンプカーとふれあう機会が少ない人にもすっかりお馴染みとなった日野 デュトロ。ダンプであるにも関わらず、最小回転半径が4.4mと軽自動車並みであることから、コンパクトさを武器に道幅の狭い街中での走行や縦列駐車もこなせる能力の高さが魅力だ。Quanaodep

 展示されていた車両はオレンジのボディカラーに花柄をあしらい、従来のダンプカーのイメージとはかけ離れた可愛らしい外装が目を引いた。従来のダンプにはない華やかな見た目は、女性ドライバーにもきっと似合うことだろう。Quanaodep

 さらに内装を見てみると、外装と同じオレンジ色のインパネが存在感を発揮し、キルティングのシートはダンプであることを忘れさせるほどオシャレな雰囲気を漂わせていた。運転席からの視界は見晴らしがよく、各所に死角を最小限に抑える工夫がなされているので、安全面での安心感も絶大だ。

 色鮮やかな花がいっぱいに載せられた荷台は、全長3050mm×幅1600mmの広いスペースをもち、さまざまな業種のニーズに幅広く対応できる。Quanaodep

 コミカルなCMだけでなく、大阪オートメッセの会場でもはたらくクルマをより身近に感じさせてくれた日野自動車。次はどんな風に私たちを楽しませてくれるのか、ぜひ期待したいところだ。Quanaodep

画像ギャラリー