フォードが日本市場から2016年内に撤退すると正式発表

売れていたはずのフォードが日本市場を見限った理由は?

 2016年1月19日にフィエスタに特別仕様車を発表(発売は2月13日予定)するなど、日本市場に対してアグレッシブな姿勢だったフォード・ジャパン・リミテッド(日本法人)。内部からも「販売好調」という声が聞こえていたが、フォード・アジア・パシフィックより『2016年末までに日本におけるすべての事業より撤退し、経営資源を他の市場へ集中させていきます。』といった発表があった。

 まさに青天の霹靂といった撤退宣言だが、その理由として『日本における事業には今後収益性確保に向けた合理的な道筋が立たず、また我々の投資に対して十分なリターンは見込めないと判断しました』と説明されている。

 つまり、日本市場の成長性への疑問や、様々な特殊性への対応にコストを割くだけの効果が見いだせないと判断したというわけだ。言い方を変えれば、特別仕様車や新型車の投入といった商品性アップによって「こうすれば日本で売れたはず」という話は、今回の撤退については、ちょっと的外れかもしれない。

 もちろん、市場の特殊性についていえば、これまでもTPP関連の交渉で問題視された軽自動車のシェアが大きい市場であることは一番にあげられるだろう。また、VWが日本市場とは無関係なディーゼルでの違法プログラム問題によってブランドイメージを損ない、日本での販売を落とすといった、日本市場のリスクにも投資に対するリターンへの疑問を大きくしたのかもしれない。

 そして、間もなく開催されるJAIA(日本自動車輸入組合)の合同試乗会や、フォードの売れ筋モデルであるエクスプローラーのタイタニアムの試乗会もキャンセルされるなど、一気に撤退に向けて動き始めている。インターネットでのバナー広告などはそのまま掲載されているようだが…。

 それにしても、気になるのは撤退後のアフターサービスや部品供給、保証サービスなど。販売会社を通して提供するということだが、フォードの販売網は維持されないと予想される。果たして、アフターサービスの受け皿として名乗りをあげる企業はあるのだろうか。

 [関連記事]

人気急上昇のフォード・フィエスタに90台限定の特別仕様車登場!

[試乗]小さなエコブーストエンジンでもガンガン走るフォード・エクスプローラー

国沢光宏が2016年の自動車業界を天気予報形式で解説![北米編]

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

https://profvest.com

seo продвижение сайтов