フォードが日本市場から2016年内に撤退すると正式発表

売れていたはずのフォードが日本市場を見限った理由は?

 2016年1月19日にフィエスタに特別仕様車を発表(発売は2月13日予定)するなど、日本市場に対してアグレッシブな姿勢だったフォード・ジャパン・リミテッド(日本法人)。内部からも「販売好調」という声が聞こえていたが、フォード・アジア・パシフィックより『2016年末までに日本におけるすべての事業より撤退し、経営資源を他の市場へ集中させていきます。』といった発表があった。

 まさに青天の霹靂といった撤退宣言だが、その理由として『日本における事業には今後収益性確保に向けた合理的な道筋が立たず、また我々の投資に対して十分なリターンは見込めないと判断しました』と説明されている。

 つまり、日本市場の成長性への疑問や、様々な特殊性への対応にコストを割くだけの効果が見いだせないと判断したというわけだ。言い方を変えれば、特別仕様車や新型車の投入といった商品性アップによって「こうすれば日本で売れたはず」という話は、今回の撤退については、ちょっと的外れかもしれない。

 もちろん、市場の特殊性についていえば、これまでもTPP関連の交渉で問題視された軽自動車のシェアが大きい市場であることは一番にあげられるだろう。また、VWが日本市場とは無関係なディーゼルでの違法プログラム問題によってブランドイメージを損ない、日本での販売を落とすといった、日本市場のリスクにも投資に対するリターンへの疑問を大きくしたのかもしれない。

 そして、間もなく開催されるJAIA(日本自動車輸入組合)の合同試乗会や、フォードの売れ筋モデルであるエクスプローラーのタイタニアムの試乗会もキャンセルされるなど、一気に撤退に向けて動き始めている。インターネットでのバナー広告などはそのまま掲載されているようだが…。

 それにしても、気になるのは撤退後のアフターサービスや部品供給、保証サービスなど。販売会社を通して提供するということだが、フォードの販売網は維持されないと予想される。果たして、アフターサービスの受け皿として名乗りをあげる企業はあるのだろうか。

 [関連記事]

人気急上昇のフォード・フィエスタに90台限定の特別仕様車登場!

[試乗]小さなエコブーストエンジンでもガンガン走るフォード・エクスプローラー

国沢光宏が2016年の自動車業界を天気予報形式で解説![北米編]

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

https://profvest.com

seo продвижение сайтов

Лечение гастроэнтерологии в Германии