【試乗】小さなエコブーストエンジンでもガンガン走るフォード・エクスプローラー

【試乗】小さなエコブーストエンジンでもガンガン走るフォード・エクスプローラー

フォード自慢のダウンサイジングターボで本領を発揮する巨艦モデル

フェイスリストなど内外装を一新したフォード・エクスプローラー。この巨漢に搭載されるエンジンが2リッター直列4気筒でも驚かないダウンサイジング時代。それが新世代の2.3リッター直列4気筒エコブーストエンジンに取って代わった。その理由はパワーで7%アップの261ps、トルクは15%アップの42.8kg-mとしながら、燃費を5%改善した高効率化にある。ミッションはフォード全車に搭載のセレクトシフト6速ATで、マニュアル操作時は従来のシフトノブ横のスイッチから、ステアリング裏のパドルに変わった。T7GI0249

エクステリアは力強さを意味するキーワードであるラギッドのもと、ハニカム形状のフロントグリルとLEDヘッドライトが変更され、ローハイトのルーフレール化にともないリヤスポイラーが改良された。個人的には従来の横バーグリルが個性的だと思うが、アメリカに行くとアジアンカーを含めて似たマスクが溢れているだけに、差別化を明確にしたのかもしれない。昔は排気量と気筒数が多ければエラく、価格もそれに比例した。だがこのモデルではXLT(V型6気筒/3.5リッター/4WD)とXLTエコブースト(直列4気筒/2.3リッター/FF)で、駆動方式は違っても489万円と同価格だ。

V6の音色を聞きながら滑らかに安定して進むXLTに対して、エコブーストは直列4気筒のハイピッチな鼓動と一緒に、従来の2リッターよりも軽快に力強く進む。2.3リッターの威力はとくにフル加速で生じるトルクステア感に出力の違いを感じられる。フロントに42.8kg-mのトルクが一気に伝わると、「こうなるのか!?」とタイヤを見て納得。エコブーストに装着のタイヤはマット&スノーのオールシーズンタイヤのため、たわみが大きく、旋回加速でこの捻れ感が起こる。とはいえ背の高いアメリカンSUVでは、ままある特性のため、それが理解できれば問題なし。それ以上に進化したダウンサイジングターボのパワフルな走りに、エコブーストの本質を感じることができる。

車名エクスプローラー
グレードXLTエコブースト
全長×全幅×全高 (mm)5050×2000×1820
ホイールベース (mm)2850
車両重量 (kg)2040
パワーユニットタイプ直列4気筒DOHCターボ
排気量 (cc)2260
最高出力 (ps/rpm)261/5500
最大トルク (Nm/rpm)420/3000
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
JC08モード燃費 (km/L)
価格 (万円・税込)489

 [関連記事]

フォード・エクスプローラーに過去最高スペックのタイタニアム追加!

フォード「マスタング」筑波全開アタック!Quanaodep夏休み動画特集

画像ギャラリー