【東京オートサロン】三菱自動車はデリカやアウトランダーPHEVのカスタムなど5台出展

【東京オートサロン】三菱自動車はデリカやアウトランダーPHEVのカスタムなど5台出展

アウトドア用にカスタマイズした4台のカスタムカーなどを展示

 世界最大級のカスタムカーの祭典、東京オートサロン2016に三菱自動車工業株式会社は5台の車両を展示する。東京オートサロンは、2016年1月15日(金)から 17 日(日)まで千葉県美浜区にある幕張メッセで開催される。

「自分らしく、アクティブに遊び尽くそう」をテーマ として、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」とミニバン「デリカ D:5」のカスタムカーを各2 台展示する。さらにモータースポーツ部門では「アウトランダーPHEV」のラリーカー(レプリカ)を1台、合計5台を出品する。 アウトドアレジャーシーンに映えるカスタマイズをした「OUTDOOR GEAR Concept」と、オートキャンプを楽しめるカスタマイズをした「ACTIVE CAMPER Concept」の2車種をカスタムカーに仕立てたことにより、個性をいっそう引き立てた。

カスタムカー「OUTDOOR GEAR Concept」
エクステリアとボディカラーはマット(艶消し)のパールホワイトとし、ドアミラーとSUVの機能性を象徴する部分(前後バ ンパー、サイドガーニッシュ、フォグランプベゼル、アルミホイールリム)にオレンジを挿し色として配色した。アウトドア用品のギア感(道具感)を表現している。

「アウトランダーPHEV」では、20インチのハイパフォーマンスタイヤと15フィンスポークタイプのアルミホイールを装着し、足元を引き締めている。また、自転車などを搭載できるルーフキャリアを装着しテールゲートにスポイラーを装着した。4949-1

「デリカ D:5」では、カーボン調フロントバンパーカバー(LED デイライト付)、純正用品のアンダーガード バー(フロント、サイド、リヤ)、16インチのオールラウンドタイヤとタフなイメージのアルミホイールを装着した。4949-2
インテリア:ブラック内装をベースとし、エクステリア同様にアクティブなイメージのオレンジを要所に挿し色として配色した。機能性に優れたシートカバーを装着し、センター部には通気性のよいメッシュ素材を採用した。サイド部には滑りにくいスエード調の生地を採用している。

カスタムカー「ACTIVE CAMPER Concept」
エクステリアとボディカラーはマット(艶消し)のシルバーとし、モノトーンのカモフラージュ柄をアクセントにした遊び心を表現している。

「アウトランダーPHEV」では、“最大出力1500Wの給電機能を有効活用した一人旅”をテーマに仕上げられた。純正用品のスタイリングパッケージ(フロントコーナーエアダム、サイドエア ダム、リヤコーナーエアダム)、テールゲートスポイラーのほか、20インチのハイパフォーマンスタイヤとクロスメッシュタイプのアルミホイールを採用。ローフォルムと乗り心地を両立する車高調整式サスペンションにスタイリッシュなフォルムにマッチするルーフボックスなどを装着している。運転席背面テーブルや後席マルチタップコンセント付テーブル、後席ベッドを採用し、一人の時間を楽しむ ための家電製品を最適に配置した。それにより利便性に優れる居住空間を実現している。4949-3

「デリカ D:5」では、“夫婦2人で楽しむ車中泊の旅”をテーマとしている。スポーティなグリル、リヤディフレクター、20インチのハイパフォー マンスタイヤと15フィンスポークタイプのアルミホイールを装着。アンダーガードバー(フロント、リヤ)、ヘビィデューティキャリアとリヤラダーを装備した。後席格納式テーブル、後席ソファベッド、サイドカーテン、パーテーションカーテンなどを採用している。4949-4「アウトランダーPHEV」ラリーカー:バハ・ポルタレグレ500参戦車(レプリカ)
2015年10月22日(木)から24日(土)にポルトガル東部の古都ポルタレグレを基点として開催された、クロスカントリーラリー「バハ・ポルタレグレ 500」に参戦した「アウトランダーPHEV」のラリーカー(レプリカ)だ。 走破性を向上させるため、最低地上高をアップさせた。サスペンションストロークを延長し、ラリー専用の大径タイヤを装着することで、ラリーカーらしい迫力あるスタイリングを実現。4949-5

 [関連記事]

[ムービー]2015CARトップ筑波オブ・ザ・イヤー(ジェイドRS/アウトランダー/N-ONE/ジャガーXE S)

[ライバル比較]最強の5ナンバーミニバンはどれだ!?

草食系から肉食系に大変身【三菱アウトランダー&アウトランダーPHEV】

画像ギャラリー