マクラーレンの500台限定ロングテールモデルは約5200万円!

マクラーレンの500台限定ロングテールモデルは約5200万円!

675LTスパイダーはクーペをさらに40kg軽量化し脅威のパフォーマンスに!

 マクラーレンが市販車を販売してから5番目となるモデル、675LT Spiderの詳細が発表された。限定500台の675LT Spiderは、クーペモデル675LTからわずか1年以内での市場投入となる。車両価格は285.450 ポンド(英国販売価格)、日本円にして約5200万円(1ポンド185円換算)となる。ワールドプレミアとなるのは2016年春のジュネーブショーとなり、デリバリーは2016年夏頃となっている。

Small-6020675LT_Spider_001

 マクラーレンから18年ぶりにロングテールの名が復活した675LT。そして次に用意されていたのは675LTをベースに仕立てられた675LTスパイダーという屋根の無いスパイダーモデルだ。
初代ロングテールはマクラーレンGT-R時代に作られたモデルで、ノーマルボディに比べてテール部分が延長されたにもかかわらず車重は100kg減量されていた。そのセオリーに従い、675LTもそれまでの650や625などのCやSといったモデルに比べハイパワーで軽量バージョンに仕立てられており、マクラーレンの中でフラッグシップモデルとなっている。しかもこのLTスパイダーは同クーペモデルのLTよりもさらに40kg軽量に仕上げられている。

 675LT Spiderに搭載される3.8リッターV型8気筒ツインターボ・エンジン。最高出力は675ps、0-100km/hまで2.9秒という。さらに、650Sクーペモデルよりも100kg軽量化され、エアコンまで取り外し(オプションで付けることは可能)1270kgという車重で、パワーウェイトレシオは脅威の1.8kg/psという数字を弾き出している。さらに燃費は8.5km/l(!)というから、今時のスーパーカーは300km/hを可能としながらも、燃費でも優秀な値をマークする点に技術の進歩を感じざるを得ない。

足下には10スポークのアロイ・ホイールにPIRELLIと共同開発した675LT専用のP Zero Trofeo Rが標準で装着されている。特徴的なのは専用色ボディーカラーでゴールドカラーのソーリスを採用。ソーリスとはラテン語で太陽を意味している。


 気になるマクラーレンはから!

画像ギャラリー