[第44回東モ情報136]子どもも一緒に楽しめる東京モーターショー

LEGOで登場した3台のダイハツ・キャストに注目

 東京モーターショーダイハツブースでは、レゴでできた1/6スケールのダイハツ・キャストの「アクティバ」、「スポーツ」、「スタイル」の3台が出迎えてくれる。

Daihatsu001もちろん、その実車となるキャストも展示してあり、見比べることもできる。このレゴはレゴ認定プロビルダーの三井淳平さんの作品である。

 また、ダイハツブースでは、「ダイハツテクノロジー スタンプラリー」というダイハツの技術を学んびながらブースを回りスタンプを集めて、モーターショー限定CASTステッカーをもらえるスタンプラリーも開催中だ。

■フォーミュラマシン体験ができる

Hitachi001Hitachi0022台のフォーミュラ(オープンホイール)マシンを展示しているのが、日立オートモーティブシステムズだ。アメリカのオープンホイール最高峰であるインディカー・シリーズにエリオ・カストロネベス選手がゼッケン3のペンスキーのマシン。そして、日本のフォーミュラ・ニッポンのマシンである。この2台を疑似体験できるモーションライドシアターは、身長120cmまでならだれでも乗車できるこのシアターでは、実際にこの2つのシリーズのレースの映像を使った疑似体験もできる!

 お父さんだけでなく子供が楽しめるブースに立ち寄ってみると、親子でショーで楽しめることになるのでぜひ参考にされたい。

画像ギャラリー