新型スマートは快適でキビキビしたコンパクトコミューターに変身

4代目スマートがメルセデス・ベンツコネクションをジャック

 新型スマートが発表された。このモデルチェンジでスマートは4代目になり、大きく進化した。シティ・コミュータとして、最小限のボディサイズで実用的な機能を持つマイクロ・コミューターだったが、今度のスマートはコンパクトながら驚くほどの室内スペースを持ち、4人乗りの新グレード「smart forfour 」が登場した。

 エンジンは3気筒の1リッターを後部に搭載したRR(リヤエンジン、リヤドライブ)で、シティ・コミュータというより、郊外へのドライブも楽しめるプレミアム・コンパクトのジャンルに入る。

 さっそく、メルセデスのショールーム、メルセデスベンツ・コネクション(11月25日までスマートコネクション開催中)のある六本木から都心を走りまわることができた。乗ったのは限定販売2人乗りのsmart fortwoだ。スマートは全長が2755ミリで軽自動車より少し短いが、全幅は1545ミリで軽自動車より幅広。運転席に座ると、フィットやヴィッツなどと変わらない全席の広さに驚く。全長が短く、横幅が広いから、最初はなんとなく違和感を感じるが、すぐに慣れる。

 走りは1リッターエンジンに940kgの軽い車重だから、キビキビとした動きだ。こんなに速くていいの? と思わせるほど、加速する。クラッチは6速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)だ。ATと同じようにお任せにすると、例のギクシャク感はずいぶんと改良されている。アクセル開度を変速にあわせたほうがスムーズだが、これまでの2ペダルDCTより、かなりなめらかだ。僕はこの手のミッションは必ずマニュアルでシフトする。少し慣れるとクラッチがない分、とても楽でむしろ楽しいのだ。

 乗り心地は快適だが、ややスポーティなダイレクト感のあるステアフィール。このあたりに、シティ・コンパクトでも「走りも楽しんで欲しい」という欧州スタイルが感じられる。また、このサイズのなかに安全装備も満載、かわいらしいオプションも数多く揃えられている。

 今回試乗した2人乗りは440台限定モデルだが、第2弾以降も用意されるという。4人乗りのsmart forfourには、近いうちに試乗する。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  2. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  3. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  4. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  5. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...

  8. 【今さら聞けない】カックンブレーキの原因とは?

    操作が原因の場合とシステム特性が原因の場合がある 信号が赤だ、となると...

  9. これがニッポンの技術力! 世界を驚愕させた日本のクルマ3選

    自動車の歴史が浅い日本でも世界で評価されるクルマはある! 日本車の歴史...

  10. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

profvest.com

www.baden-medservice.com

baden-medservice.com