[第44回東モ情報125]三菱ふそうブースに巨大スパイダー登場!?

働くクルマの究極「スーパーグレートVスパイダー」脅威の仕事量

三菱ふそうがワールドプレミアとして展示した「スーパーグレートVスパイダー」は、トラックに各種アタッチメントを装着したスペシャルなモデルだ。

ベース車は排気量12.808リッターのディーゼルエンジンを搭載。1800回転で460馬力を発生。ミッションは12速が組み合わされる。
最大の特徴は荷台部分に搭載された4基のナックルブームクレーンと4基のアウトリガー。すべてを展開したその姿はまさにスパイダーで、今まで見たこともないようなシルエットを持つ。

展示車のナックルブームクレーンには、つかみ具やドリルなどが装着されていたが、このアタッチメントはさまざまなものに交換可能だ。今回のモデルは参考出品車で今のところ発売の予定はないが、各アームやアタッチメントは実際に作動するように設計されている。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  6. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  7. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  8. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  9. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  10. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

www.profvest.com/2017/02/cashbery-otzivi-obzor.html

profvest.com

baden-medservice.com