創立者の遺志を引き継ぎ誕生したマクラーレン初の市販モデル「F1」

■マクラーレン創立者の遺志とスタッフからの敬意

前回はマクラーレンの創設者、不屈の人、ブルース・マクラーレンの話をした
今回はその娘であるアマンダ・マクラーレンが語ったエピソード。ブルース・マクラーレンの死からレーシングコンストラクタ−、そしてマクラーレン・オートモーティブまでを紹介しよう。

 去る6月、日本でマクラーレンスポーツシリーズがローンチに合わせて、創立者ブルース・マクラーレンの娘であり、マクラーレン・オートモーティブ社のブランドアンバサダーでもあるアマンダ・マクラーレンが来日した。

 父親であるブルースについて、自分が幼すぎて記憶が全くないとしながらも、こんなエピソードを披露してくれた。

アマンダマクラーレン

「父が亡くなったことで、ブルース・マクラーレンレーシングチームも無くなってしまうとみんな考えており、工場にいるメカニックにも、(亡くなった)翌日は出社しなくてもよいと指示が出されました。それにもかかわらず、翌日、メカニックたちは工場に戻り、クルマに対して様々な作業を開始したのです」と話す。
「あるメカニックは、ブルース・マクラーレンモーターレーシングは決して無くなることはないと話したそうです。これはまさに、私の父でもあるブルース・マクラーレンへの最大の評価だと受け止めることが出来ました」

 結果からいえば、ブルース・マクラーレンレーシングチームはその後も存続。フォーミュラ1(F1)をはじめCan-Amシリーズなどで大活躍を果たしたのはご存知の通りだ。更には、1981年に、現在CEOを務めるロン・デニスを迎え入れてからもその躍進を留まることはない。
現在は、1980年代のコンビを復活したマクラーレンホンダとしてフォーミュラ1を戦っている。

創立者の市販車への思いを「F1」でついに実現

 レーシングコンストラクターまで作ったブルース・マクラーレンには、ひとつの夢があった。それはロードカーを作りたいというものだったとアマンダは語る。実際に「M6GT」を計画し、プロトタイプを自らドライブしていたが、残念ながらブルースの死によりその夢は消え去った。

幻となったM6GT
運転席を中央に配した3人乗りスーパーカー「F1」

「しかし、マクラーレン・オートモーティブを通じて、まさに父の夢がかなえられているように思います」とアマンダ。
それは1993年「F1」の登場だった。
1988年、同社CEOであるロン・デニスとカーデザイナーでありフォーミュラ1をはじめとしたレーシングカーなどの設計を得意としていたゴードン・マーレーは、フォーミュラ1レーシングチームが開発するに相応しいスーパーカーとはどういうものか。そこから考えはスタートしたという。

 ゴードン・マーレーは、これまでのスーパーカーの既成概念に囚われず、また、目の前にある最新の素材やテクノロジー、パフォーマンスは、時間が経てばすぐに最新のものではなくなると考えていた。
つまり、自分たちが技術的に不可能と思った理想でも、必ずや解決できるという信念のもとに、理想とする究極のスーパーカーの開発のためには絶対に妥協はしないことを取り決めた。
そして、“20世紀最後の工業製品”として、10年、20年後にも見劣りしない究極のクルマ(=超高性能にも関わらず、快適性や実用性も損なわないクルマ)を目標にF1は開発されたのだ。

 その結果、独特のセントラルドライビングポジション(横3人がけの中央が運転席)で、1200kg未満の車重と、636psを誇る自然吸気V12エンジン(当時のスーパーカーはターボエンジンが主流だった)。そして最高速384km/hのスーパーカーが誕生したのだ。

■現在のラインナップ

 2009年、F1以降初となるロードカー「MP4 12C」を発表する。1998年にF1の生産が終了してから次のモデルが出るまでじつに11年間空いたわけだ。

この間マクラーレンは、フォーミュラ1でタッグを組んだメルセデス・ベンツと共に「SLRマクラーレン」発表。また、生産モデルを担当するマクラーレン・カーズ(現マクラーレン・オートモーティブ)がマクラーレングループから独立を発表(実際には独立せず)するなど、さまざま活動を行っていた。

 また、MP4 12Cには市販車としては世界初のカーボンファイバーモノセル(コクピットを中心としたキャビンをカーボンファイバーで一体成型したもの)を採用している。

 このようなことから、空白の11年はこの最新技術を開発していた期間ともとることが出来よう。

 そして、現在では大きく3つのラインナップを揃え、年間約1600台(2014年)を製造するメーカーに成長した。そのラインナップは、P1、P1GTRが属するフラッグシップのアルティメットシリーズ。675LT、650S、650スパイダーなどのスーパーシリーズは、マクラーレンの中核となり、サーキットからオンロードまでその走りを高次元で両立している。そして最後は先頃加わった、エントリーグレードとなるスポーツシリーズで、570S、540Cがある。

 この項の最後はアマンダのコメントで締めくくろう。
「これらのクルマを父が見たら本当に嬉しく誇りに思ってくれるだろう」。

 次回は日本をはじめとするアジアパシフィック地域におけるマクラーレンの活動についてお話をしよう。

 (写真:マクラーレン・オートモーティブ)

  

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

http://profvest.com/2014/03/forex-investicii-kak-nachat-investirovat-v-pamm-scheta.html

http://profvest.com/2014/06/alpari-otzivi-i-pamm-scheta.html

Раскрутка сайта