ホンダ新型ステップワゴンはリヤドアが「縦横」に開閉可能! (1/3ページ)

ホンダ新型ステップワゴンはリヤドアが「縦横」に開閉可能!

上下だけなく左右にも開くリヤゲート!

 ホンダ・ステップワゴンが5代目へと進化。初代モデルから綿々と引き継がれてきたスクエアなフォルム、「家族みんなの毎日を楽しくし、幸せをもたらすクルマであること」というコンセプトは、この5代目でも継承している。グレード体系は標準(G・EX、G、Bの3グレード)とSPADA・スパーダ(スパーダCook Sprit、スパーダの2グレード)の2系統5グレードを設定する。

  

  

 ボディサイズは、歴代モデル同様5ナンバーサイズ(エアロ仕様のSPADAは全長が4735mmの3ナンバー)。しかし、先代モデル比でエンジンルームは40mm短縮、ホイールベースを35mm延長し、高効率パッケージングを施し居住スペースを最大化している。

 今回のフルモデルチェンジしたステップワゴンで、もっとも注目したいのが従来どおりの縦方向はもちろん、横方向にも開閉できるリヤゲート「わくわくゲート」の採用だ。
広い場所で大きな荷物を出し入れするときは通常の縦方向、後方にスペースが確保できない狭い駐車場などでは横方向と環境に応じて使い分けることができるのだ。

発表会場で「わくわくゲート」の使い勝手を披露する袴田 仁LPL
発表会場で「わくわくゲート」の使い勝手を披露する袴田 仁LPL

 しかも、横方向の開講幅は最大830mm。3列目シートへのアクセスを可能とするだけでなく、車内側からも開くことが可能。そう、5番目のドアとして使用することができるわけだ。

画像ギャラリー