アルトターボRS、丸目コペンと今年は軽自動車に注目!

 千葉県・幕張メッセでは1月9日(金)~11日(日)「東京オートサロン2015 with NAPAC」が開催されている。先に紹介したホンダもN BOXシリーズを大量に出展しているが、ここではスズキとダイハツブースも紹介しよう。

アルト ターボRSのコンセプトモデルを東京オートサロン2015で公開

幕張メッセ東ホールのスズキのブースでは、舞台の上に、春に発売予定のアルト ターボRSをベースにした「新型アルト ターボRS コンセプト」。そして人気のハスラーを使った「ハスラー ロードバイクスタイル」と「ハスラー アウトドアスタイル」が出品された。

  

昨年末に登場したばかりのアルトだが、この春にはターボモデル「アルト ターボRS」が追加される。それをベースにしたターボRS コンセプトは、ドアミラーやOZの17インチホイールやシートボディ各所にレッドカラーを使ったスポーティなルックスの1台。

 ベースモデルとは異なるヘッドライト、ルーフスポイラーやリアバンパー下部をブラック処理する等の仕掛けもあって、今回のオートサロンでも非常に印象に残る一台だ。

 
ハスラーをベースとした参考出品車はアウトドアスタイル、ロードバイクスタイルという2つの使い方提案となった。

 車高を若干アップしたアウトドアと車高を下げたロードバイクという遊び方の2つの方向性をを指し示す。

 

中ホールにあるダイハツのブースは、コペン一色!

ダイハツブースの横には「COPEN WORLD」と題してアフターのカスタマイズコペンも登場し、この一角を「DRESS FORMATION EXPERIENCE」をテーマに、14台のコペンを展示している。
やはり注目なのは、初代コペンを彷彿とさせる丸目のコペン「第3のモデル」。

  

「LOVE SANJO with COPEN」と題して、新潟県三条市とコラボレーションによって生まれた「プロジェクトC」は、カーボンとステンレスのハイブリッドによるボンネットフードやカーゴトレーラーを製作。

 神戸のショーカー製作メーカーSEICOとのコラボで生まれたのは、ガレージで自身のレースカーを組み上げることができるというイメージ。トランクトップを2種類用意するというコンセプト。また、COPEN XPLAY x D SPORTではオフロード仕様車も登場。

 軽スポーツ・ブームの再燃、期待したい!

2月13〜15日には西日本最大級のドレスアップ&チューニングカーの祭典「大阪オートメッセ2015」が開催される。ドレスアップ&チューニングカーへの情熱の高い関西ならではのイベントとなることは間違いない。大阪オートメッセ>>>>

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

swiss-apo.net/fr/produit/kamagra-effervescent

https://swiss-apo.net/fr/produit/orlistat

http://swiss-apo.net/es/comprar/stop-ejac-dapoxetine