トヨタが自動車メーカー視線で開発した『車いす』

トヨタが自動車メーカー視線で開発した『車いす』

 自動車メーカーの視線で開発した機能

トヨタは「ウェルチェア」という新型車いすの年内発売を予定している。
これは、自らの力で車いすの車輪を回して移動をすることができない高齢者や身体の不自由な人を対象としている。そのため車輪は小径で、ブレーキが備わるなど介護する人への負担軽減や乗員の安全を確保するための装備がされている。

 これまでも、同様な車いすは存在していたが、トヨタのウェルチェアの最大の特徴はシートの角度を変えられるということだ。
通常のポジションは、従来からある車いす同様にかなり背もたれの角度が立っている。これは食事を採るときなど、一般生活では最適な角度なのだろう。
しかし、車いすごとクルマに乗車すると、背もたれにはほとんど体重がかかっておらず、走行中の横方向および前方向の揺れに対して、ほとんどの方が腕で身体を支えている状態なのだ。

ウェルチェアで一般的な車いすのポジション(左)と、もっとも背もたれを寝かした状態(右)を比較。シートバックだけでなく、座面の角度も変化してお尻の前すべりを抑制する。背もたれに身体を預けるような体制になるため、上半身の揺れも抑えられる

 車いすごと乗れるウェルキャブのシートベルトも専用タイプになる。車いすごとベルトで固定するのだが、肩のベルトが首に掛かってしまうことがある。そこで、ウェルチェアのシートバックには、シートベルトガイドとなるヒモを通せば首にベルトが掛かることはない。

 座面を低くすることができるため、クルマに乗車中の視点の高さも不自然に高くならなくなる。
また、フレーム各部の強度も高め、車両側からのフックがしっかりと固定できるようになっている。
このように、自動車メーカーだからこと気が付く工夫や配慮が、ウェルチェアにふんだんに盛り込まれているのだ。
ちなみウェルチェアは、他の車いす同様に介護製品として助成制度の対象となっている。

左が通常ポジション。背もたれが立っていて状態では、隣の通常シートに比べ視点がかなり高い。右の写真ようにウェルチェアのシートを寝かすとアイポイントがグッと下がる。重心高が下がるので、カーブなどで頭が揺れることも少なくなる
ウェルキャブ仕様のノアの価格は、最も安いグレードでも278.5万円。電動ウインチなどは付かないタイプでもベース車より約50万円高い。通常は車いす1脚積みとなる。また、オプションで標準シートを装着することも可能だ

  

  

  

  

  

  

  

  

  

画像ギャラリー