【CEATEC2014見聞録】マツダ「Be a Driver」って誰のこと?

【CEATEC2014見聞録】マツダ「Be a Driver」って誰のこと?

 アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展である「CEATEC JAPAN 2014」が10月7日より千葉県・幕張メッセで開幕した。

 そもそもは、家電&電機メーカーの展示会というイメージだったが、ここ数年自動車メーカーが多数出展するようになり、自動運転などの技術を発表してきている。
今年のCEATECには、トヨタ、ホンダ、マツダが出展。トヨタ・ホンダの2社が燃料電池車やテレマティックサービスの展示に対し、マツダは先進安全技術を発表している。

自動走行システムのために搭載されたGPSアンテナ

 マツダが展示しているのは、マツダ3(日本名:アクセラ)と新型デミオの2台。マツダ3には、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFTY」のステッカーが貼られているが、これが「Mazda3 自動走行システム搭載車」である。車両はほぼノーマル。市販車との違いといえば、マップマッチング用のGPSアンテナが追加装着されている程度。

 この自動運転車について担当者は「コンセプトは、自動運転としながらも、あくまでも運転する楽しさを残していること」という。具体的にいえば、事故の可能性を事前に把握してその回避をサポートするということだ。自動運転として走らせてはいるものの、基本的には影武者のように表に出てこない。

車両には「MAZDA PROACTIVE SAFTY」のロゴとともにラグナ・セカのステッカーも

 車両の走行予測に対して、ドライバーの運転が速度超過であれば、コーナーに侵入する前に警告を発し、速度を落とすよう促し、それでも回避行動がとられない場合に介入する、という。さらに問題があれば、退避スペースのあるところまで車両を移動の上、停車させるという。

 ボディサイドには米国カリフォルニア州モントレーにあるマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカのステッカーが貼ってある。これは、実際にこのラグナ・セカでの自動走行のチェックをしていることのアピール。ブースではラグナ・セカでの自動運転の様子を映像で流し、すでにクローズド・サーキットでの自動運転はクリアしているという。
ちなみにこの自動運転に用いられたのは、マツダの上級テストドライバーの走行データをベースにしたプログラムということで、映像を見ていると結構な高速域での走行を試している様子だ。
これなら、自動運転でサーキットを走行するのも楽しいかもしれない。

自動運転の解釈が他社と異なり、運転のサポートが目的というのがマツダの自動運転の考え方だ

 手を離しても目的地に連れていってくれる、いわゆる自立自動運転とは異なり、あくまでもドライバーにそっと寄り添うようなマツダの自動運転提案。

 これって、ドライバーが運転している気になっているけど、実はクルマが運転しているってこと? 「Be a Driver」って実はこいつ(アクセラ)だったのか?

画像ギャラリー