[編集スタッフブログ] CEATEC2012 病みつきになる京セラのタッチパネル

 アジア最大級のIT・エレクトロニクス展CEATECに行って来た。さまざまな技術展示があったが、なかでも個人的に目を引いたのが、京セラの触感伝達技術を搭載したタッチパネルだ。この新感覚タッチパネルは、京セラの圧電素子、制御ソフトなどを組み合わせることで、実際にクリックしているような操作感を実現したという。

ceatec1実際にデモ機のタッチパネルに触れてみると、クリックした生々しい感覚が指先に伝わってくる。この操作感を一度体感すると、なんだか病みつきになるようなユニークな感触だ。

 京セラでは新感覚タッチパネルを産業機器やナビ・スマホへの搭載へ向けて開発を続けていくという。誤操作を確実に防げる、新感覚タッチパネル、これは早く実現して欲しい技術だなと感じた。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー